スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

米粉製粉工場へ行く

 2008-06-23
今日は、米粉製粉工場に行き、その社長から米粉の製造、現状について話を聞いてきた。

まず、驚いたのは、製粉機の値段である。
1台1500万!
これは新型の気流式粉砕機というのもので、
空気の流れで米同士の衝突(同体摩擦)を利用して超微粉末に粉砕する装置である。
特徴は、粉砕時の熱の発生を抑え、米の変性を起こさずにそのままを微粉砕にし、
米の本質を引き立たせる粉砕方式である。
30μmまで細かく粉砕できるそうです。

しかし、今現在、粉砕加工費がかなり高く1キロあたり150円とまだまだ商売ベースとしては高いです。もし、24時間フル操業できれば、50円くらいまで下げられ、
小麦粉の製粉加工費とも互角に渡り合えるだろうというお話。

これには、できない原因があり、
米粉を売り出せば需要があるかもしれないが、
安定的な原料調達の目処がたたないため、発売に踏み切れないとのこと。
いま、小麦ほどではないが、米も高騰している。
また、以前は豊富にあった安い他用途米がほとんど国内でそこをついているため、
米を安く、安定的に確保する目処がたたないとのこと。

せっかく、米の新しい用途として、
考え始められた米粉もなかなかうまくいかないものである。。。
タグ :

米粉パン製造見学・体験

 2008-06-21
昨日は急遽、米粉パン製造工程の見学、製造体験に行ってきた。

この授業も農業系の授業の1つ。
中山間地域の活性化策を立てる農村調査実習の一環として。

今回、初めて米粉パンなるものを食べた。
なかなかおいしく、小麦粉のパンともさして変わらず、
というか、もっちり、しっとりしていておいしかった。
カレーライスパン、コーンライスパン、ライスパン、シフォンケーキ・・・
ラインナップもまったく同じ。
このまま、小麦粉の値段が上がるようだと、
米粉は有力な代替品になるでしょう。

農村調査実習では最終的に
アンケート調査などを行い、米粉を使った農村活性化策をプレゼンすることになる。
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。