スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

こどもあそびからだ塾 助成金の贈呈式に参加しました

 2015-04-13
今日は、仙台にて助成金の贈呈式に参加しました。
私が在籍しているNPOが、㈱フヨウサキナより助成金を頂くことになりました。その贈呈式です。

フヨウサキナ贈呈式 フヨウサキナ贈呈式2 フヨウサキナ贈呈式3 
左の写真は、会場の雰囲気
真ん中の写真は、フヨウサキナの社長のお話
そして、
右の写真が、私たちのNPOにて、今回助成を受ける事業を担当する女性です。

また1つ、塩害対策とは違う形での、
被災地に緑を復興させる取り組みをすることができそうです。
今回の助成は、NPOの「こどもあそびからだ塾」に対してのものです。
これは、子供たちと畑で野菜を栽培し、その野菜を使って、料理体験をするというプログラムです。
子供たちに、畑の中で緑と接してもらい、その緑を食べることで、緑をより身近に感じてもらいたいという主旨の活動です。


タグ :

日本砂漠学会のシンポジウムに参加する

 2014-12-21
12月20日、宮城県亘理町にて行われました日本砂漠学会のシンポジウムに参加しました。
周りはすっかり学術系の方ばかりでしたが。。。
1-005.jpg 1-003_20150105221947a40.jpg
亘理町に来るのは、1年ぶりになるでしょうか。
復興は進んでいるようです。ただし会場のわたり温泉鳥の海の周りは、右の写真の通りです。

3人の方の講演を聞き、新しい発見がたくさんありました。
1-006.jpg
講演
津波被害を受けた農地土壌の概況とその対策について(南條正巳,東北大学教授)
亘理町の津波堆積土の特徴と土壌改良による利用例(杉本英夫,大林組技術研究所主任研究員)
湿地植生ヤナギの特徴とその利用について秋田県での実証例(石川佑一,秋田県立大学准教授)

津波堆積物のほとんどは田畑由来の土壌。
これまで海底の砂が押し寄せたとか色々な話が飛び交っていましたが、調査の結果から柔らかいの田畑の土壌が津波の影響で他の場所に運ばれたという研究結果でした。
これはかなり大きな発見でした。
つまり、「津波堆積物は養分量が豊富ということ」
考えさせられます。
除塩のために剥ぎ取られた表土の使い方にも色々と変化が生まれそうですね。
1-009_2015010522195640b.jpg 1-018_20150105222003f35.jpg

また、新しい除塩手法、流木等を活用した木材チップによる除塩手法についても学び、
加えて、塩害により農作物が全く栽培できない土地でのヤナギ栽培の可能性にも関心が湧きました。

今後、東北沿岸部でのいろいろな可能性が見えてきました。
タグ :

東北復興 企業・NPO等の参加による「海岸防災林再生活動」説明会2014

 2014-11-10
11月10日、東京にて、
公益社団法人国土緑化推進機構(http://www.green.or.jp/)主催の、
「東北復興 企業・NPO等の参加による「海岸防災林再生活動」説明会2014 ~東日本大震災で失われた海岸防災林再生に参加・協力頂ける企業・NPO等を募集します~」に参加してきました。(http://kaiganrin.jp/news/2014/1110/index.html
1-IMG_6507.jpg

海岸防災林再生活動説明会2014_ページ_1 海岸防災林再生活動説明会2014_ページ_2

これは、東北沿岸部の国有林を希望する企業やNPO等に割りふり、植樹をしてもらおうという企画の説明です。
今回の募集は、宮城県東松島市、福島県相馬市の2箇所でした。

パネル展示も同時にされており、
大林組が除塩についてのポスター展示をしていたので、いろいろと質問してきました。

最後に、国土緑化推進機構からの話を聞いたのですが、
国はあまり民間の情報を持っていないのだなあ~と感じました。
そこで、なんとか情報がほしい!から提供してくれ!と訴えていました。

その部分が、一番のポイントでしょうかね。
この事業がうまくいくかどうかの。
タグ :

今日は、ニッセイの森にいます!

 2014-10-26
今日は、「ニッセイの森 利府」 にいます。
ニッセイ緑の財団が主催し、NPO法人宮城県森林インストラクター協会が運営をする
ふれあい森林教室」のお手伝いに来ています。

1-007.jpg 1-009.jpg

なかなかにてんこ盛りのプログラムに圧倒されました。
子供だけでなく、大人も楽しい森林体験です。
いやいや、これでもかこれでもかとアクティビティが飛び出してきて、
最後にお土産作りとなって、閉会でした。
そのお土産作りもかなりのバリエーションが広がっていました。
1-025.jpg

すごい!のひと言な1日でした。

そのあとに、宮城県森林インストラクター協会の方と話をしてましたが、
ほんとにたくさんの活動をほぼ毎日ペースにてこなしていることがわかりました。
いやいや、すごい。
「簡易井戸掘り」なんて活動もしているそうです。
これはぜひ参加したいです!!
タグ :

「みどりを活用し まちを元気にする交流フォーラム」に参加する

 2014-10-25
今日は、仙台にて、
みどりを活用し まちを元気にする交流フォーラム」に参加していました。
1-004.jpg
このフォーラムは、震災以降にいろいろな環境活動をしている団体が一堂に会して、
連携しましょう!情報交換しましょう!という集まりです。

今日は、第1回だったので、
概要みたいなテーマ、北海道からのゲストスピーカーが話す感じで進められていきました。

石巻で活動をしていて感じてた、
なんだかみんな単独で活動するんだなあ~という印象を和らげるようなフォーラムでした。
今後はどんな感じで進んでいくんですかね?
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。