スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

樹医 フジ冬剪定実習 最終日

 2012-02-09
本日、最終日。

午前は寒肥やり、コナジラミ等への対策。
午後は剪定、枝の誘導。

普段会社でしていたのとは異なり、丁寧な作業でした。
肥料(木炭、化成肥料、動物性有機)の三種類をまず袋から出して混ぜます。
化成肥料 GKミックス 木炭と殺虫剤

つぎに施肥現場へ持っていきます。
施肥をする穴を幹の周り(30cm~1m離して)に掘ります。(ツボ肥方式)
まず穴の底に、ダイジストン粒剤を入れます。(5本に1袋の割合)
掘った時に出た土の10%くらいの容量になるように混ぜ、埋め戻します。
これにて土壌改良、施肥が完了。

午後は、剪定、枝の誘導でした。
これはこれまでの復習。
剪定方法はこれまで自分で理解したやり方で問題なさそうです。
ただ、1点。
切り詰め剪定の際、2~3芽残して切り詰めますが、
その際、先端に来る芽を上芽にしたことは注意されました。
そう言われれば、フジは垂らすため、下芽を先端になるように剪定しないと。。。
普段の剪定のくせが無意識で出てしまいました。

以上、実習は終了となりました。
タグ :

樹医 フジ冬剪定実習 4日目

 2012-02-08
4日目です。
昨日までの雨も上がりました。

さて、
今日はフジ棚の修復とフジの枝誘導を行いました。
誘導の仕方として、
一回で自分が持っていきたいところに誘導するのは難しい。
そこで、枝の根元の方からコツコツと紐で固定して、誘導していきます。
ポイントとしては、
枝を誘導したい方向に動かす際に、その枝の最も力がかかるポイント(きっと根元に近い側)をまず紐で棚に固定します。必要な場合はその準備的な固定を2~3カ所行い、それから枝先を自分が誘導したい方向へと導きます。
当然、ゆっくりそおっと枝を自分が狙っている方法へ曲げ、最後に棚に固定します。
しかし、
これがなかなか難しい!
つる性植物なので、幾通りにも誘導する方向があります。
そのどれを選ぶか・・・
これはやはり経験にはかないません。
自分で持っていこうとしている方向より、もっといい方向と方法を周りからアドバイスされ続けました(笑)
まあ、コツコツ頑張りましょう!
フジ枝の誘導1

明日は実習最終日です。
タグ :

樹医 フジ冬剪定実習 3日目

 2012-02-07
3日目、今日も雨。それも午前中は土砂降り。
寒かった。しかし昨日より良かったかな?

今日は剪定実習ではなく、フジの枝をフジ棚全体にバランス良く広がるよう誘導していました。つまり枝を格子に縛り付けます。
縛り付ける際、枝はゆっくりと曲げながら、持っていきたい場所へ誘導します。。枝が破損しないように、枝に掛けた紐の一方だけをそっとしぼっていくと、うまくいくかと。

枝の誘導は棚の格子に沿って、枝が伸びるようにします。それは今後ハシゴを掛けて、棚上に顔を出して作業し易いように。
さらに、上に伸びている枝を棚に沿うように下げるように誘導します。これはせっかくの花が棚下に垂れ下がるように。
フジ枝no誘導2

また、
フジ樹幹の腐朽部の除去もしました。
初めて徹底的にできるチャンスだったので、腐朽部の完全除去や、SHIGOの第4の防御壁手前での寸止めができるか試しました。
無理です!
カナブラシ、彫刻刀、金属へらなどを使いましたが、無理です。
腐朽部の完全除去や防御壁手前まで腐朽部を取り除くのはとても・・・
遺跡発掘くらいの気持ちでやれば出来るかもしれませんね。
フジ腐朽部除去
タグ :

樹医 フジ冬剪定実習 2日目

 2012-02-06
第2日目。
寒い上に10時頃から雨。
15時過ぎはかなり大雑把に作業してしまいました。
手がかじかんで動きません。

フジ冬剪定ですが、理解したような気がします。
短枝は花芽になる確率が高率のため、基本的に放置。
その他の枝はフジ棚に一重に広がるよう、余り棚から上に離れすぎないよう剪定します。
具体的には上に伸びた枝は夏剪定跡あたりで3芽ほど残して切除。これは来年の短枝発生を促進するため。来年です。
木との付き合いに焦りは禁物!
また、棚に隙間が出来ないように、枝を誘導するため、枝を欲しい場所に引っ張り、紐で固定。あくまでもソフトに処理を!

さて、明日合ってるか確認を取りながら作業しないと。

明日は1日雨。
イヤですね…
タグ :

樹医 フジ冬剪定実習 1日目

 2012-02-05
今日は樹医講習。
フジの剪定を行いました。

フジの冬剪定は、5月の開花に大きな影響を与える剪定。

そんな剪定、
大事なのは短枝を残し、来年の短枝になる可能性が高い徒長枝の根元2、3芽を残して切除します。
明日も剪定します。
これでさらに理解が深まるとうれしいですね。

写真は剪定見本
フジ剪定見本

タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。