スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

光合成のチカラで発電する、スマートな「鉢植え」

 2016-05-15
なんだか面白いものです。
こんなことを考える人もいるのですね。

光合成のチカラで発電する、スマートな「鉢植え」
http://www.roomie.jp/2016/05/333181/

ちなみに、「植物が光合成の過程で根から出す物質」って何ですか?
ご存知の方、教えてください。


タグ :

「K-MIX SUZUKI MASTER TALK」(FM静岡)に生出演します

 2016-04-12
今日、朝8時半ごろより
地元のFM静岡の名物番組のコーナーである
K-MIX SUZUKI MASTER TALK
に、電話生出演をすることになりました。

こちらでは普段の仕事内容について、お話をする予定です。
もし時間のある方はどうぞ!
タグ :

苔玉教室に行ってきました!

 2016-03-10
不器用なので、細かい作業を伴うことは極力避けてきました。
しかし、ついに今日、苔玉教室に参加してきました!
苔玉教室

今日は先生のもと、一から教えてもらい、お茶の木の苔玉を2つ作ってきました。
材料は、苔、植える植物(苗木、多肉植物、お花などなど)、ケト土、赤玉土(今回は鹿沼土をかなり多めに)、水苔、化成肥料
苔玉教室

それを耳たぶの硬さになるまで水を加えながら練り上げます。
苔玉教室

次に、その土で、植物の根を閉じ込めながら、丸い泥団子を作ります。
苔玉教室 苔玉教室

次に、泥団子を苔で覆っていきます。
苔玉教室 苔玉教室

最後に、テグスでぐるぐる巻きにして完成です。
苔玉教室

今回、お茶の苗木1本で作った時はちょうどいい大きさになったのですが、
2本をで作ったら、ちょっと大きすぎました。
今度からは1本で作るのがよさそうです。。。

いやいや、1時間半ほどの教室で下が、楽しみました。
最後にコーヒーと甘いものを食べて、終了です。

ちょっと自分でも作ってみたいと思います。







タグ :

どうして竹は節をもっているのか?

 2016-02-13
今月発表された論文に面白いものがあったみたいです。
ネットニュースでも取り上げられていました。

"Self-adaptive formation of uneven node spacings in wild bamboo"
「野生竹類における、均等でない節間隔が示す自己調整機能」
by Hiroyuki Shima, Motohiro Sato, and Akio Inoue
Physical Review E 93, 022406 (2016)
http://www.ev.yamanashi.ac.jp/modules/info/index.php?page=article&storyid=116

まだ、ネット等で論文を読むことができないので、何とも言えないのですが。
やはり、竹の節間隔がバラバラだったのは、自然の中で生きるために計算されたものだったということみたいです。

普段はやっかいものの竹ですが、生き残るためにいろいろとがんばっているんですね!!





タグ : 樹木医 植物

中学校での環境授業の様子が毎日新聞にて紹介

 2016-02-06
先日、市内の中学校にて、
職業講話の一環として行った環境授業の様子が毎日新聞にて紹介されました。
また、先月の神社のご神木の樹勢回復作業の様子と合わせてご紹介いただきました。
(詳しくはこちら。)

富士市 中学校 環境授業
(ネット版 http://mainichi.jp/articles/20160205/ddl/k22/100/160000c

土壌分析体験を含めた職業講話、環境授業だったのですが、
最後に生徒たちからいろいろな質問を受け、回答に困るものから、樹木医に関心もってもらうきっかけになるような質問まで非常にたくさんの質問を受けました。
これは、先日、神社のご神木の前で行った小学生への環境授業でもそうでした。
たいへんたくさんの質問を受けました。
(詳しくはこちら。)

子供たちが何か緑のこと、樹木のこと、環境のことをふと考えてくれる機会になればなと思います。









タグ : 樹木医 環境授業
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。