FC2ブログ

住宅展示場にて

 2008-11-14
林産物流通論の講義の一環として、
住宅展示場の見学に行ってきました。

授業の趣旨としては、
林産物の最終商品にして、最大の供給先である住宅市場の現状を知ろうというもの。
しかし、住宅展示場という場所に初めて行ったので、
驚きの連続でした。

まず、最初に驚いたのは、本当に家がしっかりと建ててあることでした。
マンションのモデルルームみたいに張りぼてのものがあるのかと思っていたので。
覗いた一条工務店のモデルハウスなどは築17年の代物。きれいに維持管理されていました。

また、住宅の建築工法がたくさんあったこと。
木造軸組み工法、2X4工法、2X6工法、PCコンクリートパネル工法、軽量鉄骨工法などなど。
いろいろな作り方があるんですね。
驚きました。

農林大学の授業で行くと、
講師の方や、大学の担任などが、
これは無垢材、カリン材、ヒノキ材、張り物、集成材だ!などと、
素人が一見すると、同じにしか見えないものを的確に言い当てているのが印象的でした。

全体的な印象としては、
わたしたちは、嫌な客だと思います。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/78-6b6019b4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫