クロマツの診断依頼

 2011-03-07
本日は雨。

ということで、県立高校を営業として訪問していました。
その中の1校、校内に3本の調子の悪いクロマツ、1本の枯損したクロマツがあるということで、
診断と伐採の見積もりを依頼されました。

私がパッと見たとき、
枯損したマツはマツノザイセンチュウかな?と思ったのですが、
他の3本はマツノザイセンチュウではないなと判断しました。
1本は虫害、2本は海岸沿いのため、その潮風害と地下部に何か問題があるかな?と。

数時間後、
樹木医の方と再度訪問。
樹木医もマツノザイセンチュウは疑っていないようですが、
念のため、3本とも年越し枯れもあるから確認をすると、
コルクホーラーで樹液漏出チェック、そして枝を取り、センチュウ抽出試験をするということでした。
確かに念のため、考えられる調査をしておくという考え方は大事だなと納得!!
2本はその試験の結果待ち、1本はマツカレハの害かなと話していました。

まあ、とにかく
樹液・抽出試験結果は後日わかるので、
それを受けて、今後の治療方針を決めるとのこと。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/669-ddec814d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫