FC2ブログ

ヤノナミガタチビタマムシについて

 2019-06-05
今回はまじめに樹木医の仕事の話です。
以前に樹木治療を行った神社の御神木のケヤキがあります。

ケヤキ
(諏訪八坂山神社(静岡県富士宮市))

毎年、ヤノナミガタチビタマムシという虫に葉を食害され、夏以降に見た目が非常に悪くなります。
そのため、春には治療の効果より、元気になったなあ~と実感するのですが、夏過ぎに見に行くとどうも見た目がいまいちでした。

昨日、とある造園会社に遊びに行って、話をしていると、
このタマムシの被害で、新規に植栽した木が枯れるという話が出ました。
これまで、ご神木のケヤキについては樹勢も400年程度の巨樹のため、タマムシの被害で気が弱ることがないため、
あまり気にしていなかったのですが、せっかくの機会なので、ちょっといろいろと調べて見ました。

山梨県で、かなり被害が大きいようで、いろいろと情報がありました。
ヤノナミガタチビタマムシの生態、防除について一番詳しい情報がこちらにあります。

ヤノナミガタチビタマムシ

防除方法として、こちらで紹介されているのは、夏に早期落葉した落ち葉の処分でした。
その落ち葉に中にヤノナミガタチビタマムシの幼虫、サナギが大量にあるため、それを処分して個体数を減らすという方法でした。
ただ、冬に樹幹の樹皮の割れ目で越冬するということなので、冬場に石灰硫黄合剤を樹皮に散布するのも悪くないかな?と思いました。






コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/2159-a33f6b81
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫