FC2ブログ

出雲大社にて参道のクロマツ並木の養生を見る

 2018-08-16
夏休みを取り、
今回は島根県にある出雲大社に行ってきました。

出雲大社

縁結びの神様なのですが、
樹木医的な視点でこの神社を見ると、
この神社の参道に並ぶクロマツ並木は、根を保護するために、完全に人が歩くことができません。
人間は、並木の外側の石の上を歩きます。

出雲大社2

もともと、クロマツに囲まれた3本の並木のうち、
真ん中は神様の通り道として、以前から歩くことが出来ませんでした。
しかし、今回訪問すると、3本とも歩くことができないようになり、人間はクロマツ並木の外側を、しかも敷石の上歩くことになっていました。
人間が歩くことにより、マツの根周りの土が固くなることを予防する、いわゆる踏圧対策が完璧にされていました。 

加えて、こちらの参道のクロマツの根周辺には、菌根菌資材、「炭八」という木炭が使われています。
菌根菌資材は、クロマツが悪環境にも耐えることが出来るよう、耐環境ストレス性をアップさせるため、菌根菌をマツの根と共生させる樹勢回復手法です。木炭は、その菌根菌の住処となるように敷設した副資材です。

この出雲大社でのクロマツ並木対策は、
・ 完璧な踏圧対策
・ 菌根菌資材の投入
の両輪による樹勢回復・保護対策となります。
補足的に、菌根菌の数が減らないように、菌の住処である木炭を追加投入した形です。

やはりこの規模でクロマツ並木の保護をすると、
マツは元気に青々としてますね!
この日はあいにくの雨模様でしたので、写真ではいまいちわかりにくいのですが。。。



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/2119-f438833d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫