FC2ブログ

菌根イソギクによる屋上緑化の試験施工 第2ラウンド

 2018-07-24
今年2月から、京都府宇治市の9階建てビルの屋上で行っていた菌根イソギク屋上緑化試験
もちろん、完全無潅水で行っていました。
しかし、7月18日に全株が枯れたという判定のなりました。
(実際には、約半数が枯れ、残り半数はまだ生きていたのですが、見た目として茶色く枯れたような状態になっていたため、緑化という観点から判定しました。秋になれば、きっと芽をふき返し、緑にはなると思いますが・・・)

菌根イソギク屋上緑化1

今回の試験施工は、もっとも単純にコンクリートの上に直接植栽袋を置き、
中に入れた培土も、ただの赤玉土やちょっとした普通の培土を入れて試験をしました。
この程度では、今年記録的に暑く、日本でも最も暑い土地の1つである京都では対応できなかったようです。

さて、簡単には諦めません。
今年の夏は3か月くらい続きそうなので、第2ラウンドです。
それでもダメなら第3ラウンドまで準備しています。
第2ラウンドでは、保水力の高い十和田砂を投入、さらに十和田砂+高分子ポリマーというバージョンも投入しました。

今日も京都は暑いです。
敢えて気温は確認してませんでしたが、夕方17時、車で帰る途中に温度計が39℃を表示してました。
おそらく作業中は普通に40℃を越えていたのでしょうか。
この環境下で菌根イソギクが耐えてくれれば、かなり確かなデータとなります。

菌根イソギク屋上緑化2

さあ、第2ラウンドはどうでしょうか?
今年の猛暑を京都で超えられるのであれば、もう日本中どこでも対応できます。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/2109-8802356b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫