長崎・淵神社の被爆クスノキを筑波大・東京農大グループが3Dレーザー測量

 2016-03-05
技術はどんどん進歩してますね!

長崎・淵神社の被爆クスノキを筑波大・東京農大グループが3Dレーザー測量
http://nagasaki.keizai.biz/headline/1193/

3Dレーザースキャナーは人間にはよく使われているという話を聞きますが、
樹木に使ったという話は初めて聞いたかもしれません。
ただ、まだまだ実用レベルには届いていないみたいですね。
・葉に邪魔されて測量できない
・測量に時間がかかりすぎる
の2点が今後かなり改良の必要がありそうですね。

しかし、新しい技術を応用して、これまでわからなかったことを調べられるようになることは良いことだなと思います。
樹木の診断調査がより短時間で、より正確に、より簡単に行うことができますから。
3Dレーザープリンターの技術もどんどん進歩してほしいと思います。





タグ : 樹木医
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/2033-7be5df6d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫