用土について勉強する

 2016-02-19
今日は、月に1回通っている盆栽教室で基本用土について話題が出ました。
普段使っている用土については、特性、pHなどの基本情報を知っているのですが、
それ以外の用土それぞれの特徴については曖昧だったことに気づき、早速調べてみました。
akadama12-1.jpg
(参照 http://x0425357.xaas.jp/images/material/akadama12-1.jpg)

用土全般についての特徴を紹介しているページです。
http://www.atariya.net/kiso/youdo.htm
ネットで調べてみたのですが、ここのものが一番です。
日常的に使う用土、土壌改良資材についてほぼ全て網羅されています。
また、私が樹木医として普段から気にしているpHについても網羅されています。

また、より多くの用土についてpHを記載しているのは、下記のサイトでした。
こちらも参考にすると、ほぼOKかと思います。
http://sodatekata.net/flowers/page/1303.html

下記のサイトでは、用土、土壌改良資材に加え、特殊な素材までその特徴を掲載しているサイトです。
残念ながら、pHについては記載されていません。そこが惜しいところです。
http://matome.naver.jp/odai/2139106254665267201

なるほどでした!
やはり頭に入っていなかったデータがいろいろとあることに気づきました。

赤玉土 pH5.5
この土がいわゆる基本用土。
ということは、多くの樹木に適したpHにするには、
造園会社等で植栽時に土壌に混ぜるような堆肥、くん炭、パーライトを混ぜて、pHを6程度まで上げるのが一番でしようか。
個人的には、樹木医として土壌改良を行う際は、火山由来の川砂の一種を多用しています。




タグ : 樹木医 用土 pH 盆栽
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/2026-3d036733
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫