スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

神社のご神木 ケヤキの樹勢回復作業 第2日目

 2016-01-14
神社のご神木の樹勢回復作業第2日目です。

今回の樹勢回復作業で、このケヤキについては、3つのことを行います。
1. 石囲いの撤去・再設置作業
2. 土壌の膨軟化作業・pH調整作業
3. 菌根菌資材を使った発根促進作業
今日は2の作業です。

今日使ったのは、エアスコップという圧縮空気式掘削器具です。
どんな器具かの動画を下記に載せます。

この器具の良いところは、根をほとんど切ることなく、土壌の掘削ができることです。

今回は、これで穴を掘るのではなく、土壌改良、土壌の膨軟化用として、土壌改良資材のすき込み、土壌をほぐし、攪拌するために使用しました。土壌改良材は、軽石資材、ピートモス系土壌改良資材、石膏系カルシウム系pH調整剤を使いました。
・ 軽石資材・・・十和田砂
・ ピートモス系土壌改良資材・・・有機無機複合土壌改良材「OH‐C」
・ 石膏系カルシウム・・・スーパーカルシウム
これらをエアスコップにて土壌中にすき込みました。

土壌の膨軟化は、深さ30~50cmの範囲でケヤキの幹から5m以内の全面について行いました。
エアスコップを使うようになってから、ツボ穴式土壌改良は一切しなくなりました。
手間がかからないし、効果が圧倒的に違うからです。
エアスコップをもう手放すことはできません。

ケヤキ 樹木治療  ケヤキ 樹木治療

明日以降は、仕上げ作業と並行して、細かい樹勢回復作業を行っていきます。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/2001-2d121f00
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。