ベッコウタケに侵されたサクラとともに

 2015-10-28
今日は、私が出入りをしている幼稚園に行ってきました。
こちらには、園庭にベッコウタケに侵されたソメイヨシノがあります。
ベッコウタケとソメイヨシノ
(赤い矢印の木になります)

ベッコウタケは木が侵されると、木の内部腐朽が進み、最終的には木が自立できなくなり、台風などをきっかけに倒木してしまう可能性が高いやっかいな相手です。

一般的には、根を横にどんどん張るように誘導し、倒れることを阻止しつつ、
木自体を支柱などで支えるということが一般的な対処方法となります。

さて、今回は、私もちょっと変わった支柱ではありますが、支柱で倒れることを抑えるという提案をしました。
先輩樹木医から事例を教えてもらったのですが、横浜市の幼稚園でやはり同じような事例があったのですが、そこでは、子供の遊び場を兼ねたツリーハウスのような支柱を設置しているとのこと。
ベッコウタケとツリーハウス ベッコウタケとツリーハウス

しかし、幼稚園の園長先生の意向で、
ベッコウタケ菌への殺菌剤散布という対処を摂ることになりました。
現在は、どのように殺菌剤を散布すると、より効率的に菌を殺すことができるかと思案しています。
エアスコップを使用するか、もしくはケルヒャーのような高圧洗浄器を使用するか・・・
このキノコの難しいところは、木の内部に侵入した菌をいかに殺すかになりますが、これはかなり困難を要します。

何か良い手がありませんか?

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/1975-96411c0a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫