東北沿岸部にて、塩害対策(除塩)に続き、アフターケアを・・・

 2015-03-30
昨年6月~12月にかけて、
塩害対策(除塩)を行ってきた石巻市のお隣の東松島市の小学校のサクラ並木。

3月初旬に塩害はほぼ解消したことを確認しました。
今回は、4年間塩害状態の土壌に生え続け、サクラの体力が底を尽きかけていると判断し、
サクラ並木のうち、9本について、木を元気にする作業を行いました。

1-20150329_akaiminami-036.jpg 1-20150329_akaiminami-043.jpg 1-20150329_akaiminami-045.jpg
基本的には、
木の周りに3ヶ所ツボ穴を掘り、そこへ菌根菌資材を投入し、土壌改良を行うことをしました。
しかし、2本だけ、本当に衰弱しているサクラがあり、それらは幹周り全周にかけて、菌根菌資材を投入する大掛かりな土壌改良となりました。

使用した菌根菌資材は、㈱松本微生物研究所の「エコバイオティクス根健」です。
1-20150329_akaiminami-078.jpg 1-20150329_akaiminami-073.jpg 1-20150329_akaiminami-083.jpg
砂ほこりにむせながら、炭の粉にむせながらの作業でした。

さて、これで元気になってくれるといいのですが・・・
効果は早ければ、
梅雨ごろに出てくると思います。そして盛夏の葉の茂り具合、そして来年の花の状況にて判断することになります。




タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/1841-8fd262ca
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫