スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

樹齢200年あまりのカキノキの剪定・土壌改良

 2014-12-18
今日は、昨年から関わっている樹齢200年あまりのカキノキの剪定・土壌改良を行いました。
土壌改良はエアスコップを使い、深さ30~40cmまでエアレーションをかけ、土壌改良材を投入して、土壌の膨軟化作業を行いました。

1-IMG_6753.jpg 1-IMG_6761.jpg 1-IMG_6765.jpg

7~8年前に断幹した影響により、
主幹最上部から下へ50cmほど腐朽が進行しています。
そのため、将来的(2年後)に幹をさらに詰めることを前提とした剪定を行いました。

土壌改良は、エアスコップを使用し、
深さ30~40cmまで土壌の膨軟化をはかり、さらいに土壌改良材を土壌へ混入させました。
土壌改良材は、
・ OH-C(ダイトウテクノグリーン製)
・ くん炭(広葉樹)
・ 石膏系土壌改良材(富士見工業製)
を使用しました。

また、このカキノキの根元は、防草シート、砂利がしっかり敷き詰められているため、
土壌改良後、元に戻す際に、
石の重みが直接かからないように、クッション剤として、土壌表面にバーミキュライトを散布・敷設しました。

これで予定していた樹勢回復作業は完了です。
今後は、順調に樹勢を良くし、再度、幹を切り詰めるほどの体力を蓄えてもらうだけです。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/1765-3e89aaf0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。