落葉樹の冬

 2014-10-03
「6月に作った庭の木が枯れてきた」
という問い合わせの電話を頂きました。

早速、お伺いしたら、
1-002_20141008233132583.jpg 1-003.jpg
ナナカマド、ヒメシャラ、アオダモ、ヤマボウシ、ハナミズキ、シマトネリコ、常緑ヤマボウシ、ソヨゴ等が植えられた洋風のお庭でした。

さて、本題です。
「庭の木々が枯れてきた」
私には、どの木が枯れそうかわかりませんでした。
よくよく聞くと、
9月に入り、寒くなってきたら、葉がどんどん落ちて、木が枯れてきたというのです。
そこで、来年春に再度訪問して確認するということで、話を終えました。

「落葉樹の冬」
時々知らない人がいます。
なので、時々こういう問い合わせを受けます。

落葉樹が冬に葉を落とすのは、葉があると北風に煽られて、葉から水ばかり蒸発し、
そのわりに、気温が低く、光合成効率が上がらないため、
木が、自主的に費用対効果が見合う春まで葉を落として、じっと休眠状態に入るということです。

木はきちんと費用対効果を計算しています。
すごいですね!
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/1741-e223814f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫