すさまじい雷雨の中をドライブしながら思ったこと・・・

 2014-08-22
今日は、石巻からどうしてもクルマで600キロ移動しなくてはならなかったので、
頑張って運転していました。

しかし、天気がすごい・・・
Tenkijp_1481_1.jpg
(参照 http://www.excite.co.jp/News/weather/20140522/Tenkijp_1481.html)

まず、仙台近辺にて最初の凄まじい雷雨(以後 竜の巣と記載)に遭遇。
目の前に稲妻は走っているのに、雨で前が見えない・・・
かなり厳しいものがありました。

続いては、郡山近辺にて2回目の竜の巣・・・
これまた雨で全く前が見えないし、四方八方で稲妻が走っているしで、かなり凄いことになっていました。

最後、3つ目は、宇都宮近辺にて。
こちらは多少雨が弱かったので、前が見えないという事はなかったのですが、
四方八方に稲妻が走り、クルマに乗っていれば、雷が落ちても死ぬことはないという知識のみが私を支えた感じです。
見事な竜の巣でした。

しかしながら、
そんな中をドライブしながら、考えていました。
「この稲妻による自然界の放電により、尿素が生成され、樹木を含めた植物が恩恵にあずかっているという事を」
自然に生えている樹木は通常自分の落葉落枝以外から養分を吸収するのはなかなかにない環境です。
そんな樹木への「小さなプレゼントなんだなあ~。これも。」
と、ふとそう思いながら、
死ぬかと思う中、必死にクルマの運転を8時間行っていました。

無事でよかった。。。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/1718-e8c61f92
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫