先日、樹木診断・治療を実施したウメ

 2014-07-19
1ヶ月前に私が樹木診断調査、および樹勢回復作業を行ったウメの木を見に行ってきました。
かなり動揺しました・・・

今回は、移植も伴う樹勢回復作業となったのですが、
その際に太い根をどうしても切断することになったため、状況から見て2~3割程度の落葉・枯損枝が出るのではないかなあ~と予想していました。

1-IMG_5289.jpg
実際に様子を見に行くと、樹勢が弱っていて、もともと葉量は少なかったのですが、
その6割の葉が落ち、かなりの枯損枝が発生していました。
幸い、石巻ということで多少涼しく、まだ梅雨ということもあり、真夏まではしばらくあり、次の葉芽も膨らみつつあったので、「枯れる」という最悪の事態は回避できるかなあ~と思っています。

移植したばかりの木なので、
追加として打つ手も限られ、
今回は液肥を通常より相当に薄く希釈し、通常の潅水として散布するという方法を選択しました。
これを10日おきくらいで、数回実施しようかと思っています。

早く新葉が出てこないかなあ・・・
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/1693-94a27b08
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫