スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

昨年治療した樹齢200年以上のカキへの追加処置

 2014-05-27
昨年、根系活性化のために、土壌改良を実施させて頂いたカキノキ(四ツ溝柿)を見てきました。
1-IMG_4935.jpg 1-IMG_4936.jpg 1-IMG_4938.jpg
わざと昨年、剪定をしないように依頼したため、木がモサモサですが、
より多くの葉をつけてもらい、よく光合成してもらうことが目的ですのでOKです。

今回した追加処置は、
花が咲いた後の「花柄摘み」です。
実際には、もう小さな実になりつつあるものを除去することを行いました。
たくさん実がなっている枝を何本か剪定し、全体としてあまり実が残らないように処置しました。
花・実をならせるために木が持っている全体力の4割を使ってしまうと言われています。
その4割のエネルギーを根や葉に回してもらうため、今回の花柄摘みを実施しました。
これで木全体の8割がたは除去できたかと思います。
カキですから、全くないのもさびしいので、多少残す程度で行いました。

今年の秋は、
剪定を実施し、同時に追加で土壌改良を行う予定です。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/1657-03a5c432
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。