スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

土壌分析研修 第7日目

 2013-05-22
7日目です。
本日は、交換性ナトリウムの分析となります。

分析対象は、
今回持参した石巻より土壌サンプル、
そして、昨年に採取した土壌サンプルの除塩後の結果を知るための分析となります。
樹木医交換性ナトリウム分析中 こんな機械で分析です
かなり手間のかかる分析です。
1.サンプルを1グラム計量
2.1N酢酸アンモニウム溶液と混ぜ、1時間の振とう
3.濾過
4.ストロンチウムを加えて、希釈
5.分析
となります。
それぞれにかなり時間がかかり、かつ分析器の設定にも時間がかかり、手間がかかります。。。

また、別件で、
チンゲン菜の生育調査も手伝ったのですが、
いろいろな資材を投入し、それぞれの生育状況を見るというもの。
その際、基準となるのが、背丈、重さ、そして葉色だそうです。
その際に、使用した葉色カラースケールというもの。
葉色カラースケール

私も樹木の診断に使おうとちょっと写真を撮らせて頂きました。
樹木版があれば一番なのですが、基準となる葉色チェックの方法として、野菜用を転用しても全く問題ないかな?
と思っています。
ただの基準ですから。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/1367-9b2e8c32
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。