アサヒビール神奈川工場を訪ねて

 2012-07-28
今日は、NPO樹木生態研究会のイベントにて、
アサヒビール神奈川工場の工場緑化について勉強してきました。
といっても、半分はビールの勉強でしたが。。。(笑)
アサヒ工場緑化見学会4 アサヒ工場緑化見学会1

今回は造成された土地での、植栽の難しさをひしひしと実感しました。
パッと見た感じ、お世辞にも木々は順調な生育ではないのですが、堀先生の話では植栽後10年で徐々に改善されてきたということ。
実際に、割竹挿入法にて土壌改良された現場を見たりしました。
(配布資料に、イラスト解説での割竹挿入法の施工説明があり、いいものをもらいました)
アサヒ工場緑化見学会2 アサヒ工場緑化見学会3

本日の解説から一部
・ 割竹挿入法のいい点は、「根を傷めない」「土壌改良コストが1/3で済む」とのこと
・ 植栽樹の西日対策は、剪定の強度を調整し、西日が幹に直接当たらないようにする。これにより数年で幹焼   け跡は改善される
・ 芝生の土壌改良は、ひたすらに割竹挿入法か、金属棒などをザクザク刺すこと
・ 建物の周りは工事中に土壌が締め固められることが少なく、樹木の生長が概して良い
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/1150-436d3dbc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫