以前トップジンMを傷口に塗ったクヌギを・・・

 2012-05-16
以前に樹皮が全周の2/3近く傷んだクヌギを診ました。
最終的にはクライアントの依頼により、トップジンMペーストを塗ったのですが。
(以前の記事はこちら。)

あれから2か月半。
そろそろトップジンの効果もなくなるころだろうし、
新葉も展開しているころかと思い、今日見に行ってきました。
クヌギ遠景 クヌギ近景 クヌギ傷口その後
少々枯れ枝は見えますが、
元気そうで何よりでした。樹皮が枯れた側の枝はかなり心配していたのですが。
なんとか夏を乗り越えればうれしいですね。

近いうちに、
先日NPO法人藪会の研修で実習した方法を使って、治療をしたいと思っています。
きっちりノミにて傷口を綺麗にし、ピートモスを使った治療法にて。
これも1つの実験ですかね。

タグ :
コメント
それは具体的にどの部分を再生させる為の治療法なのですか?不定根ですか?
【2012/05/17 08:07】 | かさ #q/jcOni6 | [edit]
> > それは具体的にどの部分を再生させる為の治療法なのですか?不定根ですか?
> 樹皮が枯れた部分にて、不定根というかカルスを強制的に活性化させる方法って感じです。
【2012/05/17 21:31】 | Tomo #- | [edit]
ありがとうございました。
【2012/05/18 20:05】 | かさ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/1099-95205ffd
【2012/05/19 04:34】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫