今日学んだこと

 2012-03-26
本日の実習で学んだこと

・常緑樹は最高気温8℃以下の時に触るのはかなりの危険を伴うこと(強剪定、根をいじる処置など)

・何か異常があり、なんとか当年枝を伸ばし、葉をつけて頑張っても、翌年その枝が枯れ、再び新しい枝を出して葉をつける。さらに翌年も同様のことが繰り返される。3年くらいこの状態が続くと、樹木の蓄積エネルギーが使い果たされ枯れてしまう

・土壌改良は広ければ広いほど良いが、最低限で根鉢範囲(胸高直径の3倍を直径とする円周上)にて土壌改良を行えば効果はあがる

・弱っている樹木の根を少しでも傷つけることは命取りになりかねない

でした。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cya06337.blog43.fc2.com/tb.php/1058-265f2d94
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫