FC2ブログ

エチオピアの薔薇(バラ)について知る

 2019-06-20
今日、エチオピアで生産された薔薇(バラ)を輸入し、お花屋さんとして、販売をされている方とお話をする機会がありました。

エチオピアンローズプロジェクト
(参照 https://etrose-project.com/)

詳しくは下記よりどうぞ。
https://etrose-project.com

エチオピアのバラは、ほかのバラより圧倒的に長持ちするそうです。
初めて知りました。

何でだろう?と思い、質問したところ、面白い回答が返ってきました。

紫外線が圧倒的に強い
なるほど!
エチオピアは高原の国、首都のアジスアベバは標高2400m、のため、日本などと比べ、紫外線が圧倒的に強く、皮膚ガンになるレベルだそうです。

さらに、
超アルカリ性の土壌で栽培されている
なるほど!
アルカリ性はカルシウムやマグネシウムが原因と推測されます。

この2つの理由は面白いですね。
紫外線が強いと、植物は自分の体内にアントシアニンなどを蓄積します。
アントシアニンにより、自分の体を紫外線から守ろうとします。
アントシアニンと聞いてピンときた女性の方が多いと思います。
ポリフェノールの一種で、抗酸化作用があります。つまり、アンチエージング効果があるのです。
ゆえに、バラが長持ちする。
なるほど!

また、超アルカリ性の土壌で育ち、
アルカリ性の原因であるカルシウムやマグネシウムをふんだんに吸収していると思われます。
カルシウムは、細胞1つ1つを丈夫にします。
マグネシウムは、葉の光合成能力を向上させます。つまり、切り花になっても、カルシウムでしっかりした細胞を持ち、体中から水が抜けにくい構造をしているのではないかと。また、切り花になっても、葉は光合成を続けます。その光合成によりしっかりと生きていくための栄養分を効率的に製造し、体中に送り続けることが出来ます。

なるほど!
面白いですね。
悪環境で育つがゆえの強さですね。
面白い話を聞きました。





メタセコイアのその後

 2019-06-18
以前に、東北大学のキャンパス内で、道路(歩道の拡幅)工事のために仕方なく、太根をバッサリと根切りチェーンソーで切る処置をしている現場に立ち会いました。そのメタセコイア3本のその後についてです。
以前の記事はこちらより。

さて、あれから4年。
メタセコイアは3本とも元気です。

メタセコイア メタセコイア メタセコイア メタセコイア

根の切り口を見ると、少しずつ巻き込み始めていることも確認できました。
根を切られていない並びの木との違いは、低い位置に新しい胴吹き枝が出ているかどうか。
この胴吹き枝を見て、地中では新しい若い根が出始めているのかなと推測できました。

とりあえず安心です。




イヌツゲ枝枯れ病について

 2019-06-13
以前に調べたことがあり、かつて投稿に書きました。
詳しくはこちらから。

イヌツゲ枝枯れ病
(インターネット版日本植物病害大辞典より)

今日、改めて造園会社より相談が来たので、イヌツゲ枝枯れ病について再度調べてみました。
茨城県県林業技術センターの研究報告
https://www.pref.ibaraki.jp/nourinsuisan/ringyose/seikgaiyo/documents/kenkyuseika_no48.pdf

日本植物病害大辞典インターネット版
https://www.boujo.net/release/byougai-release/%E3%82%A4%E3%83%8C%E3%83%84%E3%82%B2%E6%9E%9D%E6%9E%AF%E7%97%85.html

論文についても2本ありました。
イヌツゲ枝枯病菌の発育・樹体内分布・被害拡大に及ぼす温度・季節の影響
(尾関 俊亮, 升屋 勇人, 梶村 恒 日本森林学会大会発表データベース 2019年 130 巻 P1-238)

イヌツゲ枝枯病の発生・拡大様式と罹病部周辺の菌相
(尾関 俊亮, 升屋 勇人, 梶村 恒 日本森林学会大会発表データベース 2018年 129 巻 P1-254)

トップジンM水和剤で登録もあるので、あとはきちんと病気を把握して、防除するだけですね!
今回の問い合わせを受けて、自分の樹木医としてのデータベースを更新した感じです。






樹木医試験対策の勉強方法 ver20190610

 2019-06-12
以前に樹木医試験に向けて、自分がどう勉強したか?を書きました。
しかし、その後かなり時間が過ぎたので、骨子はそのままですが、情報を最新にし直しました。
何か参考になればと思います。
以下をどうぞ!


これから受験を考えている人の参考になればということで、
自分でやった樹木医試験への対策というか、何を勉強したかをちょっと書きたいと思います。

サクラサク

樹木医試験を受けるにあたり、私の場合は1つ問題がありました。
それは、業務経験が全くないこと。
しかし、できるだけ早く樹木医になりたい!ということ。

そこで、
私はまず樹木医補になることを目指しました。
基礎知識の獲得と受験資格獲得までの期間の短縮が狙いです。
(参考にこちら。)
私の場合は農林大学に入学することにしました。
学費が安かったこと、期間が2年で済むこと、そして樹木医補認定機関だったこと。

さて、
私の場合は、基礎知識を農林大学での2年間で学びましたが、
そんな長い期間かけたくないという方におススメなのが、
かつては、「樹医2級養成セミナー」と言っていたのですが、
現在は「樹木治療セミナー① 基礎研修」(詳細はhttp://nihonjumoku.o.oo7.jp/jyumokuchiryousemina.htm
これはかなりみっちりと基礎を勉強させてくれ、またプチ樹木医研修という感じがあります。
樹木医試験受験勉強中、樹木医研修中にここで得た知識が大きくものをいいました!
私は農林大学在籍中にこの「樹医2級養成セミナー(現在の樹木治療セミナー① 基礎研修)」を受けました。
(私はついでに樹医1級養成セミナー(現在の樹木治療セミナー②③)も受けました)
そして農林大在籍期間中から、実地のため、樹木医の在籍する造園会社でバイトをしてました。
農林大学卒業後は、そのままその造園会社に就職しました。

前段はこのへんにして、実際の樹木医試験対策の勉強について。
造園会社で業務経験を積みながら、
樹木医試験に向けて勉強を始めたのは、受験の年の1月(つまり今年の1月)。
最初に「図解 樹木の診断と手当て―木を診る・木を読む・木と語る」を読み、
これからの勉強への導入編としました。
(樹医養成セミナーを受講する際に樹医をめざすあなたへ―樹木診断ハンドブックも読んでいると思いますが、これも導入編にいいかと。)

それから、まず樹木医合格体験記を参考にし、
最新・樹木医の手引き」を購入!
そしてまず1回通して読みました。
これは樹木医試験にどういった分野から出題されるかを知るためです。
その際、はじめの「総論」は飛ばしました。
全部で500ページ以上の分厚い本なので、読まなくていいところは飛ばそうと思いまして。80ページほどの節約になります。
(実際、合格した今の段階でも1度も読んでいません。)
1か月ちょっと読むのにかかったでしょうか・・・

次に、樹木医研修受講者選抜試験問題集を購入しました。
とにかく5年分の過去問(選択式)をやりました。
これは自分の苦手分野を特定する目的があります。間違えた問題をチェック!
今後の勉強を進めるにあたり、集中的に勉強する分野を決めるために。
1週間~10日間くらいでぱっとやりました。
解答解説も流し読みで、覚えようとするよりは流すだけで十分かと。この段階では。

私の場合、苦手分野はほとんど全分野でした(涙)
まあ、蓄積・経験がないのでしょうがない。。。

苦手な分野の本を買い、それぞれの個別勉強を始めました。
3月になってからでしょうか。
植物の生理・構造系  理解しやすい生物 生物基礎収録版 (理解しやすい 新課程版)

これは高校生物の参考書。これは好きなもの、読みやすいものを選ぶのが一番!
この本で植物の生理・構造、植物ホルモン、光合成のしくみを勉強しました。

土壌基岩系  きめる!センター地学基礎
土壌のもとである岩石の生成過程と性質を勉強しようかと。

土壌・肥料系  土と微生物と肥料のはたらき
この本は農業高校の教科書だったこともあり、かなり分かり易い本でした。
土壌と肥料の基礎について勉強しました。
この本は分かり易かったので、その後何回も読みました。
肥料分の欠乏・過剰症状については、さらに新版 要素障害診断事典原色 野菜の要素欠乏・過剰症―症状・診断・対策も参考にしました。

病害・虫害系 
花木・庭木・家庭果樹の病気と害虫―樹種別診断と防除
これは樹種別にまとめてあり、どんな病害・虫害があるかを勉強できます。
本当は実物を見るのが一番ですが、そんな機会もないし、試験対策ならこれで十分かと。
農薬に関しても、この本の最初の部分に書いてある解説が役に立ちました。

カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議
この本は、植物の病害を菌の角度から見た本。
分かり易い解説書。
この本をじっくり読むと、かなり樹木の病気にわかるようになります!

樹木の植栽・移植系、農薬系、土壌改良系
これは造園施工管理技士のテキストが一番分かり易く簡潔に書いてあります。
そちらを参照してください。
私の場合は身近に造園施工管理技士の講習を受けている人がいたので、その講習テキストを借りて読みました。
これはかなりいいテキストでした。

森林生態系、腐朽病害系、環境害系
樹医2級養成セミナー(現在の樹木治療セミナー① 基礎研修)」のテキストがいい参考になりました。

樹木の総合診断系、樹木の危険度診断系
最新・樹木医の手引き」の本をじっくり読みました。
読んでいて楽しい本ではないですが、この分野はこの本が一番でした。

各分野を個別に勉強し、
6月くらいに再び樹木医研修受講者選抜試験問題集に戻りました。
今回はじっくり解説も読みました。
解説を読んでもわからないものは、上記の参考図書にて、確認・理解しました。
そして、間違いが目立つ分野は再度上記の参考図書を通して読んで、勉強をしました。

7月に入り、試験も目前に迫ったころは、
自分が苦手にしている項目について書かれている部分をコピーし、
それらを1冊にまとめて、通勤電車の中でただ何度も何度も読み返していました。
私の場合は、「樹医2級養成セミナー(現在の樹木治療セミナー① 基礎研修)」のテキストをベースに、植物の生理・構造系、土壌基岩系、樹木の植栽・移植系、農薬系、土壌改良系の必要なページコピーを1つに纏めて読み返していました。

こんな時間系列と内容で樹木医試験対策の勉強をしました。
これから樹木医を目指そうとする方に、この中のいくつかでも参考になればと思います。


「土に触れる生活が心身の健康につながる。抗ストレスの妙薬は「土壌」にあった」という研究結果があるそうな

 2019-06-10
ふと題記のような研究結果があることを見かけました。
樹木医という仕事をしているとこういう関連の記事に目が留まります。

に触れる生活が心身の健康につながる。抗ストレスの妙薬は「壌」にあった:研究結果」
GettyImages-953464358.jpg
https://wired.jp/2019/06/10/healthy-stress-busting-fat-found-hidden-dirt/

まあ、なんだか不思議な論文です。
たしかによほどの綺麗好きの人以外は、いじりが大好きですね。
子供もで遊ぶのは大好きですし。
私はいつもを掘ってます。。。
を触っているだけで、心身の健康が維持できるのなら、仕事柄そんな楽な話はないです。

土いじりをしていると、「なんとなく癒される」と思っている人たちに学術的に正しいよ!と教えてくれた研究です。



ヤノナミガタチビタマムシについて

 2019-06-05
今回はまじめに樹木医の仕事の話です。
以前に樹木治療を行った神社の御神木のケヤキがあります。

ケヤキ
(諏訪八坂山神社(静岡県富士宮市))

毎年、ヤノナミガタチビタマムシという虫に葉を食害され、夏以降に見た目が非常に悪くなります。
そのため、春には治療の効果より、元気になったなあ~と実感するのですが、夏過ぎに見に行くとどうも見た目がいまいちでした。

昨日、とある造園会社に遊びに行って、話をしていると、
このタマムシの被害で、新規に植栽した木が枯れるという話が出ました。
これまで、ご神木のケヤキについては樹勢も400年程度の巨樹のため、タマムシの被害で気が弱ることがないため、
あまり気にしていなかったのですが、せっかくの機会なので、ちょっといろいろと調べて見ました。

山梨県で、かなり被害が大きいようで、いろいろと情報がありました。
ヤノナミガタチビタマムシの生態、防除について一番詳しい情報がこちらにあります。

ヤノナミガタチビタマムシ

防除方法として、こちらで紹介されているのは、夏に早期落葉した落ち葉の処分でした。
その落ち葉に中にヤノナミガタチビタマムシの幼虫、サナギが大量にあるため、それを処分して個体数を減らすという方法でした。
ただ、冬に樹幹の樹皮の割れ目で越冬するということなので、冬場に石灰硫黄合剤を樹皮に散布するのも悪くないかな?と思いました。






≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫