月刊誌「盆栽世界」2018年7月号(連載第9回掲載)発売です!

 2018-06-30
月刊誌「盆栽世界」2018年7月号が発売されました。
早いもので、もう連載9回目です。
今回は養分・肥料についての第2回目です。
肥料の種類」について書きました。園芸店やホームセンターの店頭を見ると、肥料の種類が本当に多いことに気づきます。
そのため、肥料の種類について知ってもらい、自分がどの肥料を使えばいいのか?をサポートする助けになればと思っています。

肥料は分類の仕方により、いろいろな分類ができます。
今回は、その中でも盆栽をやる上で重要かな?と思われる3つについて解説をしました。
加えて、肥料についてのあれこれも解説しました。
樹木医をしていると、意外と使用する肥料は限定されてしまうのですが、今回は幅広く網羅してみました。

今回の連載記事について知りたい方は、下記をクリックしてください。
https://spressmedia.net/product/bonsai201807/

盆栽世界201807 盆栽世界201807木を知れば盆栽がわかる!



「樹木識別ポイント」講習会に行ってきました。

 2018-06-23
樹木識別ポイント」講習会に行ってきました。
昨年に引き続き、2回目です。
正式には、平成30年度環境緑化樹木識別検定試験を受ける人の事前講習会です。
私は受ける予定はありませんが。。。

樹木識別ポイント講習会 

花も幹も実もなく、ただただ枝に付いて葉のみを判断材料として、
何の木かを識別するための講習会です。
これはかなり難しいです。
普段、木全体の雰囲気、幹肌、葉などを総合的に見て、木を識別しています。
つまり、それが出来ず、葉のみで判断しなさいということです。

試験も面白い形式で、枝と葉をじっと眺めて答えを書くスタイルです。
全部で100問だそうです。

100種以上の木の葉について、その特徴、識別方法を3時間にわたって、ほぼぶっと通しで勉強します。メモも取るし、話も聞くし、自分の目で葉も見るし、濃密ないたって疲労がたまる時間です。
しかし、普段庭木ばかりを見ていると、だんだん庭にないような木についてどんどん忘れてしまいます。いい備忘対策となります。
そして、何より新しい識別方法を仕入れることが出来ます。



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫