そうだ、ドローンで木を植えよう!!

 2017-09-29
そうだ、ドローンで木を植えよう!!

操縦者1人につき、最大で1日に10万本の木を植えることが可能
年間10億本の木を植えることが可能


これまでとは全くの異次元です。

そんなこと考えたこともありませんでした。
よく考えれば、これまでにある技術やノウハウを集めていって、ドローンという最新テクノロジーと組み合わせただけです。
しかし、これは面白いですねえ~。実際。
植林用ドローン

植林ドローンを開発したバイオカーボン社の方法では、
最初に情報収集用のドローンを地上90m以上の高さで飛ばし、植林計画中のエリアの地形、地質、植生、障害物などの情報を集めて解析する。この解析の結果にもとづいて植林プランを立てるそうです。
そして、植林ドローンに積まれるのは、シード・ポッド。ポッドには、木の種と肥料が入っていて、植林用ドローン1台には、このポッドを300個積むことができるそうです。
ドローンはあらかじめ計画されたマップに従って低く飛び、ポッドを地面に向けて発射。命中精度は、誤差が数センチ以内に収まるレベル。
木をうまく根付かせたポッドは、微生物によって分解されて、自然に返るというエコなシステムになっています。

植林用ドローンを開発したバイオカーボン・エンジニアリング社のサイト(英語)
https://www.biocarbonengineering.com/
このことについて書いた日本語の記事のサイトは、こちら

桜を守るクビアカツヤカミキリの撲滅への取り組み 面白いですね!

 2017-09-28
徳島県からのクビアカツヤカミキリ撲滅への取り組みです。

一般の人にはあまり馴染みのない話題なのですが、HPにて詳しくクビアカツヤカミキリについても説明してあり、分かり易い構成になっています。

クビアカツヤカミキリ
(参照 https://otsucle.jp/cf/project/save-sakura.html)

クラウドファンディングを使って、対策研究等を進めるという面白い方法かと思います。
クラウドファンディングは、東日本大震災以降に発達してきた資金調達の手法です。
今回の挑戦が見事に目標達成できてよかったなと思います。
この取り組みを知った時には、既に目標を達成した後だったので、支援をできませんでしたが、次回には私も支援したいなと思っています。

詳しくは、下記より。
日本のサクラ、モモを守る!クビアカツヤカミキリ撲滅プロジェクト
https://otsucle.jp/cf/project/save-sakura.html

今後、次への挑戦が待っているみたいですので、
その時は、是非、皆さんのご支援をよろしくお願いします!!
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫