FC2ブログ

海岸クロマツ林健全度を測定する簡易的指標の提案

 2010-11-16
本日、この1月から取り組んできた海岸マツ林の調査を論文にして提出しました。
「海岸クロマツ林健全度を測定する簡易的指標の提案」というタイトルで。

これが私の人生で初めての学術論文。雑誌論文と言えばいいのでしょうか。。。
内容としては、
外生菌根と海岸マツ林についての調査に関してです。
これから審査があるので、果たして論文として認められるかどうか・・・
かなり不安がいっぱいですが、
とりあえず、提出しました。

あとは待つのみです!
タグ :

海岸クロマツ林の菌根調査のその後

 2010-10-30
今年の2月に調査をはじめ、6月に調査を完了。
その後、ずっと放置していたデータの解析、雑誌論文の執筆。

ここ1ヶ月くらいで本格化させました。
(なので、ブログの更新回数が少なかったかも。。。)
今週には卒論指導教官にたたき台として書いたものをチェックしてもらい、いくつかの指摘をもらいました。
また、学会編集者の方にも、はじめての論文投稿ということがあり、一度見てもらう機会を得ました。
編集者の方からも何点か指摘を受けました。
しかし、編集者からのコメントで、もう投稿しても差し支えないレベルにあるという評価を受けました。
ちょっとこれはうれしい!!

ということで、
より早い投稿を目指し、今指摘を受けたポイントの改善に勤しんでいます。
地道にがんばってます!!
タグ :

本日、お休み

 2010-06-23
本日は大雨洪水警報発令のため、仕事がお休み。

ということで、
これまで全然手をつけられなかったマツの菌根菌カウント作業を再開しました。

以前から続けてきたマツ海岸林でのマツ菌根菌カウント調査ですが、
1ヶ月ほど前に、マツ周辺に下層植生のないポイント5ヶ所で採取した菌根菌をカウントして以来です。
ずっと中断していたのですが、
今日、やっとマツ周辺に下層植生があったポイント5ヶ所のカウントを終え、
残りは、低木がマツ周辺に生息しているポイント5ヶ所をカウントすれば終わりです。

当初は、5ヶ所ずつカウントして調査を終了しようと考えていたのですが、
調査地点が少ないのでは?と指摘があり、各10ヶ所ずづ調査することとしました。

これにて、
マツ周辺に下層植生がない地点 10ヶ所
マツ周辺に下層植生がある地点 10ヶ所
マツ周辺に低木がある地点   10ヶ所
の合計30ヶ所の調査地点で調査が完了します。。。
タグ :

マツ林での菌根カウントの分析中!

 2010-03-24
2月に行った「マツ林のマツ根に付いている菌根カウント調査」のデータの分析を始めました。
あまり慣れていない統計解析を使っての作業なので、なかなか苦戦中です。。。

しかし、
せっかく行った調査なんで、切りをよくちゃんと分析までしないと・・・
調査は、下層植生がない調査地点、下層植生がある地点、そして低木層がある地点の3箇所で行ったので、
その3地点で菌根の数に差があるかどうかなんですがね。

さて、どんな結果が出ますか。
タグ :

下層植生の同定

 2010-03-05
マツ林の菌根カウント調査をした際、
土壌を採取した周辺の下層植生の植生調査もしたのですが、
わからない草本が結構あったので、カシナガ調査を一緒にした県の研究員の方に同定をお願いに行きました。

シダのヒトツバ、クマツヅラ科のランタナ、イネ科のノガリヤス(?)ということでした。
あと1つ、自分では全く気づかなかった低木がニセアカシアでした。葉が落ちてるとわからないものです。

そろそろデータ分析をしようかと。
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫