富士山の日に松原フォーラムへ

 2018-02-23
静岡県では独自に2月23日を富士山の日と指定し、富士山に関するいろいろなイベントを開催しています。
 

私は樹木医という職業柄、松原フォーラム三保の松原大会に来ています。
日本全国での松原さん保全についての講演、発表が目白押しです。
いろいろと勉強していきたいと思います。
今日は交流会まで参加予定です。
タグ :

挿し木 培土別に発根試験をしてます

 2018-02-22
挿し木について、培土別に発根率が違うことを以前から思っていたので、
今回、培土別に発根試験を行うことにしました。

挿し木 ハマゴウ 挿し木 ハマゴウ 2

挿し木をする木は、発根しやすいハマゴウという海浜性樹種。
それを十和田砂微粒、杉皮パウダー、樹皮ペレットの3つを培土として挿し木試験を実施しました。
まだ気温が低いので、簡易温室に入れて、ちょっと発根を促進させつつ、違いを確認しようと思っています。

さて、どんな感じで発根の差が出るでしょうか?
楽しみですね!



除塩を行ってきた北山台スギの経過確認

 2018-02-20
昨年より行ってきた北山台スギの除塩作業の経過確認を行うため、
土壌サンプルの採取に行ってきました。

北山台スギ2 北山台スギ1

除塩と言っても、このスギは内陸にあり、海からの影響で塩害になっているわけではありません。
塩化ナトリウム(NaCl)を硬化材として使用して、地盤強化する工法があるそうです。
樹木医をしていてもなかなか気づかない情報です。偶然知ることになりました。
今回はこれの影響により、塩害に弱いスギがちょっと生育不良を起こしている状況でした。

除塩が完了すれば、次には樹勢回復作業を行う予定です。
樹勢回復作業では、大量に根を強制的に切断し、菌根菌資材を投入するという作業を行います。
土壌分析を行って、除塩が完了したかの確認が取れ次第、作業を行う予定です。



西本願寺のイチョウに関わり

 2018-02-16
今日は京都にある西本願寺に来ています。
こちらで一番大切なイチョウ(天然記念物)が弱っているということで、顧問をしている造園資材メーカーの方と見に行ってきました。
  
今日は簡単に状況の確認だったのですが、
理由はおそらく参詣の方々が木のまわりをしっかりと踏みしめたことによる踏圧が原因かと思います。イチョウは特に踏圧に弱い樹種と言われています。
試しに、砂利敷きの参詣者が歩いているあたりを二ヶ所ほど、根っこを確認するために掘りましたが、ほぼ根がない状態でした。カチンカチンの土でした。
  
これからどのような提案をするか考えます。わたしがメインではないので、施工業者なあくまでまず提案です。
ただ、踏圧対策のシルバセルhttps://www.gfield.co.jp/product/silvacell/
という資材を中心に使いながら、細部をどうしようかなというところです。
タグ : 樹木医

ウメ輪紋ウィルス病 また拡大してしまいました・・・

 2017-02-15

ウメ輪紋ウィルス病 また拡大してしまいました・・・ の続きを読む

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫