FC2ブログ

会社のHPに新サービスが続々登場!

 2018-08-08
アイキ樹木メンテナンス株式会社のHP
ぞくぞくと新サービスのバナーを追加してます。

アイキ樹木メンテナンス株式会社

樹木医としての仕事に色々と関連したサービスです。

ただし、まだ、そのバナーと飛んだ先のページを作成していないため、
何も起こりませんが。。。
これから随時追加していきます。
たいへん申し訳ありません!

先走りたい方は、こちらより。





タグ : 樹木医

名前も付けて大切にしている個人宅のシダレザクラ 樹木診断調査

 2018-08-08

名前も付けて大切にしている個人宅のシダレザクラ 樹木診断調査 の続きを読む

造園資材を取り扱う会社で研修会講師をする

 2018-08-06
今日は、造園資材を取り扱っている企業の社員向け研修会講師をしてました。
テーマは「根」

企業研修会のスライド

全ての専門用語を省いて、誰でもわかるような内容にしました。
実際、樹木医になる以前は、私も普通の人で、専門用語が全く分かりませんでしたので、
10年前の自分でもわかるように言葉を選べば、
誰でもわかる専門用語の一切存在しないパワーポイントスライドが作れます(笑)

・ 木にとって理想的な土壌条件
・ 根の役割
・ 根の構造
について解説をしました。

今回の研修で一番うれしかったのは、
解説を終えた後、質問が30分以上ずっと続いたことです。
色々な質問が飛び出し、なかなか質問に答えるのが大変でしたが・・・
一応、皆さん、寝ないで聞いてくれていたみたいです。

講師として話をできるテーマも、
今回の「根」のほかにも、
「葉」、「幹・枝」、「菌根菌」、「光」、「温度」、「風」、「水」、「土壌」、「養分」、「肥料」、「施肥」、「植物ホルモン」
といろいろなラインナップを揃えています。
1つのテーマでも、いくつかでも、全てでも!
ご要望があれば、いつでも講師としてお伺いします。

ご要望があれば、いつでもご連絡ください!(笑)





タグ : 樹木医 研修会 講師

猛暑の中、可哀そうな、植えられて間もない木

 2018-08-06
ふと地元の新富士駅で見かけた光景。
樹木医という仕事柄、目が行ってしまいます。。。



まだ植えられて間もないモミジです。近くで見てないので、正確になんの木かわかりませんが。。。
植えられて間もないということは、今年の異常な暑さの中で植えられたということです。

公共工事のため、この暑さの中で植えることへの特別な処置はおそらくされてないでしょう。
この木がこの夏を乗り越えてくれることを祈るだけです。

木を植える適期は春と秋です。静岡では冬もいけると思います。暑い夏、特に今年のような異常な猛暑の中での植栽は枯らすために植えるようなものです。

木が元気に育つための要件のうち、個人的には50パーセント以上の割合を占めていると思ってますが、植えられた時の状況が影響していると思っています。そこが上手くないと、植栽後、手のかかる木になってしまいます。

・適期に植えられたか?
・土壌環境は良いか?
・その場所に適応できる樹種か?
など。

残念ながら、今回もこの視点から見ると、あまり点数が良くなさそうです。
位置的に将来のシンボルツリーを託されていそうですが、どうも厳しそうです。


タグ : 樹木医

雄株から雌株へと性転換!?

 2018-07-28
刺激的な見出しになってしまいました。

樹木医という仕事柄、雄木と雌木がある樹種ではしばしば性転換する木があるということは聞いていました。

まとめサイトなんかを見てみると、
サンショウ、イチョウ、イチイなどいろいろと性転換する樹種が列記されています。
https://matome.naver.jp/odai/2145127559862257801
41yo8SKQYsL.jpg
(出典 www.amazon.co.jp)

ふと、日本植物生理学会のHPを見ていると、面白いことが書いてありました。
突然の性転換だと思っていたのですが、どうも意外と雌木も種から芽を出して、しばらくは雄木として生長することが多いという記事が書いてありました。


それによると、

遺伝的に雌雄が決まっている雌雄異株の植物でも、雌株が若いときに雄花をつけることがしばしばあります。これは、マムシグサが雄株から雌株へと性転換をすることに類似した現象であり、雄花をつけるのは、種子をつくることにくらべてコストがかからないためと考えられます。
(参照 https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=3474

とのこと。

なるほどなあ~!と思います。
ということは、種を蒔くと、最初は雄木が多く、ちょっとだけが雌木として生長していくという感じでしょうか。

すると、最初から雌木を育てたい人はなかなかに大変です。
ある日突然雌木に性転換することを夢見ながら、雄木を育て続けるしかないということでしょうか・・・
性転換もいつ起きるのか? まず起こるのか起きないのか?という前提ですし。

実際の生産現場では、接ぎ木、挿し木、取り木が多用される理由もよくわかります。



タグ : 樹木医 性転換
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫