FC2ブログ

菌根イソギクはすごい!

 2018-08-28
今日は、樹木医の仕事というよりは、今、取り組んでいる雑草対策について。
テーマは、イソギクという日本在来種。
そして、それをさらに菌根菌と共生させて強化したタイプについてです。

菌根イソギクは、アレロパシー物質を根から出して、周りの植物の繁茂を抑制します。
アレロパシー物質とは、簡単に言うと「毒」です。
アレロパシー物質は、有名なセイタカアワダチソウも根から分泌します。
菌根イソギクが出すアレロパシー物質は、自分の周りにある植物の種が発芽しないように発芽抑制物質となります。
生えている木や植物を枯らすという害はありません。

そこで、本当かな?ということで、
菌根イソギクの周りに雑草の種を大量に撒いてみました。
さて、どうなるか?

2018年4月17日 撒きました!
菌根イソギクと雑草の種3 菌根イソギクと雑草の種4

その後、7月終わりの状況
菌根イソギクと雑草の種2 菌根イソギクと雑草の種

やっぱり雑草が生えていません・・・
小さいものが2~3生えている程度・・・
4月にあれだけたくさん種を投入したのですが、お見事としかいいようがありません。

菌根イソギク、すごいですね!
これなら、自信をもって、雑草対策に菌根イソギクを使うことをおススメできます。





菌根イソギク 国交省との最終報告会を前にちょっと現状確認

 2018-02-21
昨年3月に植栽し、これまで1年弱経過観察をしてきた菌根イソギクです。
静岡県内の国道1号線、52号線の街路樹植升にて実施しています。

国道1号 菌根イソギク 国道52号 菌根イソギク

このイソギクを植栽することにより、雑草を抑えることを目的としています。
今回の試験施工でも順調に結果を出してくれました。
さて、来月初めに国交省と最終報告会を開催して、この試験施工は終わります。

次のステップに移行します!
樹木医としても、この雑草対策の技術をうまく生かして、元気に木を育てるための施工方法を実践したいと思います。


≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫