FC2ブログ

菌根イソギクの植栽後メンテ!

 2019-05-24
今週月曜から3日間(1日雨降りで作業ができず、滞在は4日間)、
筑波にて、菌根イソギクの植栽後メンテに来ていました。

 
(雑草とり作業前)

昨年9月に植栽し、ひと冬越したところです。
去年の秋にちょっとだけ生長し、今年の春本格的な生長を開始しているところです。
さすがに冬には生長しないので、まだ植栽後半年弱の生長です。

今年の秋の開花期には全面被覆を終え、一面黄色のお花畑になると思います。
今回の作業は昨年秋に1回雑草取りをし、今回、2回目の雑草取りをしました。
この春は雑草の本数自体は大したことないのですが、1つ1つの雑草が大きく、菌根イソギクが機能していないような状態に見えます。しかし、菌根イソギク・・・さすがです! 全く問題なく生長を続けています。
ただ、面白いことに水が多いかな?と思うところの生長が遅く、
乾燥して大変だろうなあ~というところの生長が絶好調! もう全面被覆が終わっているところもありました。
今回、雑草取りをして、今後半永久的にする必要がないかな?と。

   
(雑草とり作業後)

ひょっとすると、今年にもう1回ぐらい雑草取りのお世話をする必要あるかもしれません。ただ、生長が順調にいけば必要ないはずですが。まあ、顧客サービスという感じですかね。
どちらにしても全面被覆をした後は、もう雑草の心配は皆無です!
この秋が楽しみです!!

ちなみに、今年の4月から国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に登録されました。





スポンサーサイト



菌根イソギクによる防草緑化工法がNETIS登録されました

 2019-04-06
昨年度準備をしていた
菌根イソギクによる防草緑化が国土交通省新技術情報提供システム(NETIS)への登録が完了しました。
2019年4月5日付けで情報の公開が開始されました。
技術名称は「菌根イソギクによる生きた防草緑化工法
副題「産業廃棄物を出さない、メンテナンスフリーを実現した永年性植物による、生きた防草緑化工法」

菌根イソギク

詳しくは下記よりNETISの該当ページに行けます。
http://www.netis.mlit.go.jp/NetisRev/Search/NtDetail1.asp?REG_NO=CB-190014&TabType=2&nt=nt

雑草で困っている方
なにか草花を植えたいけど、雑草とりをしたくない方
あまりにも広くて雑草とりをしたくない方
屋上緑化を考えている方

興味があれば、NETISのホームページを覗いてみてください。





国土交通省新技術データベースNETISへの菌根イソギクの登録をしつつ

 2018-11-30
菌根イソギク

現在、菌根イソギクによる防草緑化工法を
「国土交通省新技術データベース(NETIS)」に登録する手続きをしているのですが、
今日は、修正依頼が来たので、せっせと直していました。

もともと公共工事をあまりやらないできたのですが、
菌根イソギクをデータベースに登録するにあたり、かなり公共工事の積算とか歩掛とかいう言葉に慣れてきました。

まあ、慣れてきたとはいえ、修正等にはまだまだ経験不足のため、結構時間がかかります。。。
早く登録が完了してくれるといいのですが。。。





法面にて菌根イソギクを植栽してます。  続

 2018-09-10
  
先週に引き続き、
日本国土開発(株)の研究センター建設現場の法面にて、菌根イソギクを植栽してます。

さすがに6000ポット以上の数なだけに、今週も引き続き、植栽してます。
一応、明日には終わる予定ですが。。。

今回は天気が不安定でしたが、大きく崩れることなく、うまい具合に作業が進みました。
植栽が終わり、来年春からはしっかりと雑草を抑制してくれるはずです。
楽しみですね!

さあ、ラストスパート!

斜度30~40度ののり面にて菌根イソギク植栽

 2018-09-05
今週は月曜から台風期間を除いて、菌根イソギクをのり面に植栽しています。
今日は2日目。暑い中、頑張っていました。
場所は、茨城県つくば市。
そのため、今週は樹木医の仕事をせず、お花を植えることをしています。

菌根イソギク 日本国土開発1 
IMG_3844-1.jpg

今回は、日本国土開発(株)の研究センターの建設に合わせて、
試験的に菌根イソギクを植栽してもらうことになりました。
敷地ののり面に広大な太陽光発電所を設置するのですが、その敷地にて雑草対策として植栽されます。
面積は600㎡、イソギクの数も6000ポットあまり。

もしこれで効果が順調に発揮されれば、次回以降本格的に菌根イソギクを植栽してもらうことになるのかもしれません。
さて、どうなるのでしょう。





≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫