FC2ブログ

サルスベリのロープ支柱設置および樹幹空洞閉塞作業をすることに

 2019-01-31
今日は宮城県石巻市にて、個人宅に行っていました。

立派なサルスベリが1本あるのですが、樹勢は弱り、樹冠からの枯れ下がりが年々続いています。
以前に相談を受けてから、1年半ほど経過を観察していました。

サルスベリ 空洞 サルスベリ 空洞 サルスベリ 空洞

ついに、このサルスベリ樹勢回復作業を行うことになり、
昨年12月に簡易樹木診断調査を実施しました。
今回、お伺いしたのは、それに基づいた樹勢回復作業全体の提案をするためでした。

提案はOKをもらい、順次樹勢回復作業を行うことになり、
第1弾として、
双幹の左側がいたって空洞がひどいため、
双幹同士をロープで繋げて、お互いに支えあうようにロープ支柱を設置することにより、
その左の幹が倒壊・折損のリスクを下げることを目的としています。
ちなみに、空洞はどうしてできるかと言いますと、過去の剪定痕から腐朽菌が入り、腐ってきてしまったためです。
サルスベリは腐りやすいほうの木のため、今回の木も見事に空洞を作っています。

加えて、
空洞自体も小さくしてしまうため、
空洞の中に不定根(普通の場所でないところから出た根)を多数空洞内に発根させ、それらを太らせることにより、
徐々に空洞を狭めていくという非常に気の長い作業も行います。
今日は、その空洞に充填するための資材がどれだけ必要なのかを調べるための測定作業も行いました。

これらの作業は、来月2月中に実施する予定としています。
さて、急いで準備をしないと・・・





≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫