スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

千年希望の丘での植樹祭 無事に終わりました。

 2016-04-10
昨年の9月からお手伝いをしてきた
千年希望の丘にて、ニッセイ緑の財団主催の植樹祭が行われました。
宮城県岩沼市での開催でした。

200人以上のボランティアの方が参加し、
広さ6000平米に、木2000本、イソギク8500苗あまりを植栽しました。
それ以外のエリアには麦が生えてきます。

千年希望の丘 千年希望の丘 千年希望の丘 千年希望の丘

千年希望の丘 千年希望の丘 千年希望の丘

私は、土壌調査、土壌分析、塩害調査・分析、土壌改良ブラン作成、資材の選定・発注、生分解性防草シート敷設と、
木が元気に育つためのすべてを担当させて頂きました。ほぼ予定していた通りにできたかな?と思っています。

使用したのは、
・ アルカリ性に傾く土壌を改良するための「石膏系pH調整資材」
・ 全く肥料分のない土壌を肥沃にしつつ、養分供給を行うため、牛糞で発効促進させた肥料分を含む「バークたい肥」
・ 下刈りフリーな状態で木を元気に育てる「生分解性防草シート」 (商品名:テラマック ユニチカ製)
・ どんな悪条件でも負けない、そして下刈りフリーな環境をサポートする「イソギク」 (商品名:菌根イソギク
・ 植物の耐暑性、耐乾性をアップさせ、発根促進を行う植物活性剤 (商品名:サーモテック フジミ製)
木を元気に育てるために選んだ資材たちです。
(詳しいことについてはお問い合わせください)

今後もこのような機会がありましたら、
木が元気に育つための植樹祭の事前準備を請負いたいと思います。
なかなかに頭を使う作業ですが、
土壌の状態を確認し、木を植えられる状態にいかに持っていくかという作業はなかなか楽しいものでした。
今回は、特に東日本大震災にて、津波被害を受けた地域だったため、塩害についても十分に確認しました。

とにかく終わり、ほっとしています。
これからは木がどのように生長していくかを定期的に確認し、何かあれば、アフターケアを加えていきたいと思います。







スポンサーサイト

NHKとの取材も無事に終わりました

 2016-03-09
3月11日に静岡にて放送される特集に向けて、
明日、3月11日、NHK静岡の夕方のニュース番組「たっぷり静岡」(18:10-19:00)にて、樹木医として、宮城県石巻市周辺で行っている塩害対策除塩)活動が紹介されます。

その取材が無事に今日終わりました。
今日は、とある町の公園、事務所、そして実際にソメイヨシノの塩害対策除塩)作業を行った個人宅にてそれぞれ取材をして頂きました。
静岡在住の方に限られますが、お時間があれば、どうぞご覧ください。
詳しくは下記より。
http://www.nhk.or.jp/shizuoka/program/b-det0003.html
000043741.jpg


NHK静岡の番組にて紹介されます

 2016-03-07
今週3月11日、NHK静岡の番組「たっぷり静岡」にて紹介されます。
2月後半から放映直前までNHKより取材を受けています。
000043741.jpg
(参照 http://www.nhk.or.jp/shizuoka/program/b-det0003.html)

今回の取材は、私が震災後、淡々と続けてきた塩害対策除塩)についての活動についてのものです。
2年前にも別のテレビ局から取材を受けたことがあります。
塩害対策除塩)というあまりメジャーではない、マイナーな活動なので、時折このように取材を受けることがあります。

取材は、今年の春に向けた植樹予定地での活動について、これまでに塩害対策除塩)活動を行った木々・花壇について受けています。
塩害対策除塩)を行った木々・花壇の多くはもう私の手を離れたのですが、まだまだ手こずっている木々もあります。
今年もその木々のアフターケアを行っていく予定です。







NHK静岡の取材を受けていました

 2016-02-22
今日は、NHK静岡のクルーの方々に宮城県にて取材を受けていました。
取材を受けていたため、当然、全く写真を撮る暇がありませんでした。

さて、
何の取材かというと、
東日本大震災以降、宮城県石巻市を中心として、
私が行ってきた塩害対策除塩)活動についての取材でした。
今年は震災から5年の年ということで、取材の依頼がきました。

今日は、
今年、私が関わっているニッセイ緑の財団が行う千年希望の丘での植樹への準備作業について
2年前に実際に塩害対策除塩)活動を行い、復活させた石巻市の小学校の花壇について
を取材して頂きました。

このあと、3月にも取材があり、
このときは、昨年私が塩害対策除塩)作業を行った個人宅のお庭について取材するとのこと。
おそらく、加えて、私が塩害対策除塩)活動として、学校のシンボルツリーを復活させた小学校や
塩害対策除塩)作業を実施し、その後お庭を作った個人宅も取材の対象になるのではないかな?と思っています。

何はともあれ、
今日の取材は無事に終えました。
NHK静岡のクルーの方々の望んでいた映像が取れたかどうかはわかりませんが。。。



中学校にて土壌分析体験の環境授業を行いました

 2016-02-04
今日は中学校にて中学1年生12名を対象に、土壌分析体験を含めた環境授業を行いました。
これは、この日中学校で開催された職業講話の12名の講師の1人として参加しました。

環境授業 環境授業 環境授業

授業の前半では、
珍しい木の話、樹木医の仕事、樹木診断・治療の事例、樹木診断にとっての土壌分析の大切さなどについてお話しました。
実際に、樹木医の七つ道具の1つ???「聴診器」を使って木の音を聞く体験も交えてみました。

後半では、参加してもらった12名の中学生に実際に土壌分析を行ってもらいました。

今回用意した土壌は3点。
1) 授業を行った校庭の土
校庭に卒業生が植えたシダレザクラがあり、あまり生育が良くないとのことを校長先生から伺ったので、その簡易診断も兼ねて。

2) 授業をした学校の畑の土
畑実習をしているということで、大根を収穫したばかりの畑から。

3) 津波被害を受けた公園の土
宮城県東松島市の実際に津波被害を受けた公園の土。

分析項目は、pH、EC(電気伝導率)、塩分(交換性ナトリウム)の3つでした。
pH・・・酸性・アルカリ性をみる指標
EC・・・土壌の肥料分をみる簡易指標
塩分・・・土壌中の塩分量をみる指標

学校側のご要望で、生徒のみなさんの顔が写った写真はご紹介できませんが、
みんな、楽しく、かつ真剣に、分析体験に取り組んでくれたんじゃないかな、と思います。
なにより、津波被災地の土壌がどれほど塩分が含んでいるかを、実際に分析して数字として見てもらうことができたのがよかったです。
樹木のこと、土壌のこと、被災地のことが頭の片隅に残ってくれれば、今回の環境授業はまずまず成功かと感じています。



タグ : 樹木医 塩害対策
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。