FC2ブログ

出雲大社にて参道のクロマツ並木の養生を見る

 2018-08-16
夏休みを取り、
今回は島根県にある出雲大社に行ってきました。

出雲大社

縁結びの神様なのですが、
樹木医的な視点でこの神社を見ると、
この神社の参道に並ぶクロマツ並木は、根を保護するために、完全に人が歩くことができません。
人間は、並木の外側の石の上を歩きます。

出雲大社2

もともと、クロマツに囲まれた3本の並木のうち、
真ん中は神様の通り道として、以前から歩くことが出来ませんでした。
しかし、今回訪問すると、3本とも歩くことができないようになり、人間はクロマツ並木の外側を、しかも敷石の上歩くことになっていました。
人間が歩くことにより、マツの根周りの土が固くなることを予防する、いわゆる踏圧対策が完璧にされていました。 

加えて、こちらの参道のクロマツの根周辺には、菌根菌資材、「炭八」という木炭が使われています。
菌根菌資材は、クロマツが悪環境にも耐えることが出来るよう、耐環境ストレス性をアップさせるため、菌根菌をマツの根と共生させる樹勢回復手法です。木炭は、その菌根菌の住処となるように敷設した副資材です。

この出雲大社でのクロマツ並木対策は、
・ 完璧な踏圧対策
・ 菌根菌資材の投入
の両輪による樹勢回復・保護対策となります。
補足的に、菌根菌の数が減らないように、菌の住処である木炭を追加投入した形です。

やはりこの規模でクロマツ並木の保護をすると、
マツは元気に青々としてますね!
この日はあいにくの雨模様でしたので、写真ではいまいちわかりにくいのですが。。。



クロマツの花摘み(雌花)作業をしてました

 2018-07-10
2016年12月に樹勢回復作業をしているクロマツが今日の対象です。
かなり樹勢は回復しつつあります。

樹勢回復作業をしたクロマツ2 樹勢回復作業をしたクロマツ 樹勢回復作業をしたクロマツ3

宮城県石巻市の個人宅のクロマツです。
当初の予定では、今年は枯れてしまった枝の部分を埋めるため、
盆栽的に枝の誘引を行って、樹形矯正を行う予定でした。
ところが、今年は花が多かったせいか、新芽の伸びがイマイチ・・・
そこで、エネルギーを多く使う雌花の花摘みを行い、枯れ枝切除、アミノ酸系液肥の葉面散布を行いました。
雌花とは、簡単に言うと、若い松ぼっくりのことです。

このあと、夏に季節外れではありますが、
若干でも今年の芽が伸長してくれることを願っています。
そうすると、樹形矯正作業が今年から始められます。
ダメなら、来年ですね。。。





津波に流された海岸林の再生を目指して

 2018-07-08
今日は、日本樹木医会宮城県支部(通称 宮城県樹木医会)の
仙台市海岸部の荒浜にて行っている海岸林再生活動のお手伝いでした。
宮城県樹木医会の森
今年4月に植樹をして、定期的に除草作業を行っています。
作業に集中していたため、作業風景の写真はすっかり撮り忘れてしまいました。
15人くらいの樹木医の方々が作業をしていました。
宮城県樹木医会の森2018
やはり人数が揃うと、みんな緑のプロなので、仕事が早いです。
今年は除草作業を8月にも行う予定だそうです。
鬱そうとしていた海岸マツ林もほぼなくなってしまった仙台市沿岸部ですが、
色々な団体が自分たちの手に負える範囲で、仙台市と連携して海岸林の再生活動を行なっています。
企業、緑化団体、地域住民団体、そして樹木医会のような専門家団体と本当にさまざまな団体です。
宮城県沿岸部で、色々な団体で、私もお手伝いをさせてもらってます。
植樹活動について、その後の維持管理活動について
最近はいろいろとアドバイスを求められることも多くなってきました。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫