定額制で生き物図鑑が読み放題、「図鑑.jp」1月スタート、定番の図鑑や絶版・品切れの図鑑を電子書籍化

 2016-12-29
「定額制で生き物図鑑が読み放題、「図鑑.jp」1月スタート、定番の図鑑や絶版・品切れの図鑑を電子書籍化」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161228-00000010-impress-sci

これで、やっとipadを片手にいろいろと自然観察に出かけることが出来ます。
ここはやっと待っていたものが、出てきたな!という感じです。
タグ :

日本人の自然観・美意識表現 淡路市の奇跡の星の植物館が特別展

 2016-10-16
「日本人の自然観・美意識表現 淡路市の奇跡の星の植物館が特別展」
http://www.sankei.com/west/news/161010/wst1610100036-n1.html

P1340610-1024x768.jpg

一度行ってみたいですね。
いろんな不思議なものを見ることができそうです。

詳しくはこちらへ 
奇跡の星の植物館(http://www.kisekinohoshi.jp/


タグ :

12分の1モデルの精巧な「盆栽」誕生

 2016-10-15
なんだか、凄いことになってます!

盆栽 プラモデル

「模型王国の静岡で12分の1モデルの精巧な「盆栽」誕生 樹木や盆器などの細部を忠実に再現…」
http://www.sankei.com/premium/news/161010/prm1610100003-n1.html

よくこんなことを考えましたね。
盆栽には完成がなく、どんどん変化していくことを考えると、生長しないというのは面白いような、面白みがないような。
しかし、このプラモに可塑性があるともっと面白いでしょうね。


タグ : 盆栽 プラモデル

また分析機材(溶存酸素計)を購入しました!

 2016-08-11
昨年の蛍光クロロフィル測定器
一昨年の葉緑素計(SPAD)
に引き続き、

溶存酸素計

今年は、「溶存酸素計(DO-5509)」を購入しました。
今回は試験的に購入したため、ちょっと安いやつを買いました。
これで使えることがわかれば、本格的な機種を購入する予定です。

これは現在取り組んでいるホットな話題に使用します。
何か見てきましたら、こちらでまたご報告します。


タグ : 樹木医 溶存酸素計

モミジ カエデについて勉強する

 2016-07-19
樹木医に関わるいろんなジャンルに首を突っ込んでいると、
その業界により、カエデモミジの呼ぶ対象が違います。
一般の人の間では、
モミジカエデの間に違いがありません。
また、盆栽の世界では、ざっくりと言うと
モミジ・・・ヤマモミジ
カエデ・・・トウカエデ
です。

また、最近よく、
「うちのイロハモミジ紅葉がいまいちなんです。なんとかなりませんか?」
などの問い合わせを受けます。

ということで、
以前にラジオを聴いていて、その存在を知った
「株式会社もみじかえで研究所
カエデモミジ研究所
のサイトで勉強をすることにしました。

まず、カエデ、モミジの違いについて、
モミジ・・・秋に葉が色づく現象のことを言う
カエデ・・・カエデ属植物のことを言う
ということでした。

続いて、紅葉のメカニズムについて
紅葉を促進する要因は、
松本太「熊谷市における都市気候と植物季節の関係(第1報)」(2002)
松本太 「イロハカエデの紅葉に及ぼす低温の影響に関する実験的研究」(2005)
より
・ 日最低気温8℃・・・ここで紅葉のスイッチが入る
・ 日当たり・・・日照が良ければよく紅葉する
ということでした。

では、今後は上記の2つの視点で、
木が植えてある場所の条件を観察することとします。








≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫