FC2ブログ

月刊誌「盆栽世界」2018年12月号(連載第13回掲載)発売

 2018-11-12
月刊「盆栽世界」12月号が発売されました。

こちらの号に、連載「木を知れば盆栽がわかる」の13回目が掲載されています。
樹木医の視点で盆栽について連載を書くと言うコンセプトで、
1年間の基礎編としての連載が終わり、今回から応用編のスタートです。

盆栽世界2018年12月号

今回のテーマは「植え替え
盆栽愛好家にとっては、必ず行う作業です。
今回の連載では、その植え替えについて、これまでの基礎編の知識を土台にして、いろいろと書かせて頂きました。

書いていて思ったのは、
さすがに応用編!
これについては、過去の基礎編第**回にかいてありますよ!
という表記が多かったことですかね。

次回は、樹木の防御反応について書く予定です。











イソギクと菌根イソギクの違いとは?

 2018-11-10
イソギク

イソギクとは?
砂浜や海沿いの崖に生息している海浜植物の「イソギク
これは、日本在来種です。
海浜植物ということもあり、イソギクは乾燥、塩害、高温にたいへん強い植物です。

では、
菌根イソギクとは?
菌根イソギクとは、自生しているイソギクに菌根菌という共生菌を感染させ、普段は根のみで養水分を吸収しているのですが、菌根菌と共生することにより、菌根菌の菌糸で広い範囲から集めてきた養水分も使うことが出来るようになります。
それだけ元気に育つことができます。また、悪い環境下に置かれても、自分の根と菌根菌の菌糸の2つのルートから養水分を集めることができるため、普通に生育することが可能となります。

そのため、根だけで養水分を吸収するイソギクより、根と菌糸で養水分を吸収する菌根イソギクの方がずっと悪環境への適応力が高いのです。

イソギクは普通のキク科のお花ですが、
菌根イソギクは、たいへん強健な、特殊に栽培された緑化用植物となります。














富士宮 神田川ふれあい広場の木々 再整備後・・・

 2018-09-17
神田川ふれあい広場の今です。
天気がいいですね。
一見、素敵な公園ですが、かなり残念な状況です。

神田川ふれあい広場

それぞれの木々をよく見ると、
IMG_3803.jpg IMG_3801.jpg 神田川ふれあい広場


枝枯れがかなり進んで、枝がバシバシと切られた跡がたくさんあります・・・
一番奥に植えてある木はラクウショウと言って、日本名ヌマスギと言われるくらい、湿気があるところを好むのですが、再整備でカラカラに乾燥した広場になり、かなり元気がないです。。。
今年のように暑い年は市民に緑陰を提供して欲しいところですが、これでは無理です・・・

さて、2年ほど前でしょうか、
たまたま神田川ふれあい広場の再整備をしているところを通りかかりました。
再整備も佳境に入っていました。
樹木医という仕事せいか目に留まります。

木の根元をバンバン重機が走っていたので、土壌が固くなり、木が間違えなく弱るなあ~と思ったので、
市役所の担当課の担当者にその旨を伝え、
「対策として7~8万円くらいかかるけど、それで問題は出なくなるはずですよ」
jと伝えたのですが、担当している造園会社に相談しますと言って、それっきりでした。

いま、対策をしようとすると、そんな金額ではとてもできません。
この木が枯れて、新しい木を植えるにしても、
これから対策を打つとしても、
そんな金額ではおさまりません・・・
なんというか、税金がもったいなあ~と。
また、その工事を担当していた造園会社の名前も聞きましたが、
当然、そんな仕事をする会社とは一度も仕事をしたことがありません。
やるつもりもありません。





富士宮 神田川ふれあい広場の木々 再整備後・・・ の続きを読む

「植物内部の「警報」伝達、可視化に成功」という凄い記事

 2018-09-15
葉っぱをかじられた植物は、全身に情報を伝え、防御機構を発動する
【動画】植物内部の「警報」伝達、可視化に成功
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/091400230/

という凄いタイトルの記事を見つけました。
樹木医という仕事柄がそういうネタにヒットします。

plant-vibrations-01_81530_990x742_600x450.jpg
Photographs by Richard Becker / Alamy; (inset) Roger Meissen

植物の葉っぱが芋虫などにかじられると、その情報があっという間に植物体内の至る所に伝達されるというもの。
そのキーとなる物質がグルタミン酸とカルシウム
まあ、なんでグルタミン酸といううまみ成分を使うんだろう?それじゃあ、さらにおいしく食されるのでは? 
という素朴な疑問はありますが・・・

確かにアミノ酸系の液肥でも、
アミノ酸21種のうち、生長促進を引き起こすアミノ酸と生長阻害を引き起こすアミノ酸があることはわかっています。
グルタミン酸は、その中でもどの植物にでも大きく生長促進効果を示すアミノ酸ということがわかっている物質です。
なので、意外と植物体内にグルタミン酸を蓄えているということが色々と大事な側面があるのかもしれません。

また、カルシウムですが、
こちらも高温障害や低温障害を起こした時に不足しているということがわかっている養分です。
つまり、高温障害にならないように最後まで使われる養分ということになるのでしょうか。
それも環境に対しての防御機能という感じでしょうか。

植物には脳がありませんが、なかなかに各細胞が頑張っている感じです。




タグ : 樹木医 防御反応

月刊誌「盆栽世界」2018年10月号(連載第12回掲載)発売です!

 2018-09-14
月刊「盆栽世界」10月号が発売されました。

こちらの号に、連載の12回目が掲載されています。
樹木医の視点で盆栽について連載を書くと言うコンセプトで、ちょうど連載開始から1年が経ちました。
早いような、長いような・・・



今回は、これまでの連載中に読者の方々から頂いた質問にお答えするQ&Aコーナーとなっています。
今後も質問を受け付け、別枠としてQ&Aコーナーが新設される予定です。
連載とは別に楽しみにしていてください!!

購読等の詳細についてはこちらより。





≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫